自分らしくいられる場所『おかだやの日常』

日々の出来事はちょっと見方を変えると楽しいことだらけ。どんなことにもワクワクして過ごすせればいいですよね。ココチの良い場所と穏やかなココロで、自分らしくいられる場所づくり始めませんか。宮城県仙台市より『おかだやの日常』は皆様をサポートしています。

物の持ち方は人それぞれ、な出来事

自分らしくいられる場所

『おかだやの日常』へようこそ

 

いよいよ師走になり、年末の大掃除の季節になりました。

おかげさまで『おかだやの日常』もお片づけについての 様々なお問い合わせをいただいております。ありがとうございます。

 

そんな中「物の持ち方は人それぞれ」という出来事がありました。

近頃お問い合わせいただいたお客様ですが、一年ほど前に『おかだやの日常』のチラシを手にとって下さったとのことです。 それ以来ずっとチラシをお持ちになり今回いよいよお問い合わせ下さったそうです。本当にありがとうございます。

 

さてさて。冒頭でお伝えした「物の持ち方は人それぞれ」という出来事がこのチラシです。お片づけの観点から考えますともうとっくに破棄されていてもおかしくないものです。いつ使うかが明確でないものです。また必要な時に改めて情報収集することもできるはずです。でもこの客様はその一枚のチラシをいつか必要になるかもしれないと思いずっと保管されていたわけです。そして、この度このチラシの出番が回ってきたわけですね。

 

 基本的なお片づけの手順としてはまず最初に物を仕分けることから始めます。これまで抱えたきた大量のもの達を抱えたままではお部屋が片付くことはありません。不要なものの処分が必要です。

一般的にものを分ける時には〈使っている〉〈時々使う〉〈あまり使わない〉〈使わない〉などの四分類に分けることが多いでしょうか。その中で〈あまり使わない〉は期限を決めて処分する、〈使わない〉は即処分するなどがこれまた一般的。ではこのチラシはどの分類に入るのでしょうか?どこにも当てはまりそうにありません。でもこのお客様にとってはいつか使うかもしれないもので大事なものだったのです。

 

これまで抱えてきた大量なものたちを抱えていては片付かない、とお伝えしましたが、持ち物の全てがこのチラシのように「いつか使うもの」と判断してしまったら全く片付きません。つまり自分が本当に必要なものをだけを残すことがとても重要なのです。

 

自分にとって本当に必要なもの?判断に迷ったらすぐに捨てなくても大丈夫。期限を決めて一時保管しておきましょう。ここでのポイントは期限を決めて、ということです。

ちょっと気が楽になりませんか?さ、新年に向けてお片づけ始めましょう!

f:id:taro-taro-taro:20171212103803j:plain

転がっていますが、ゴミではありません (笑)

 

○●○●○●○●○●○●○

『おかだやの日常』の思考と空間のお片づけ
                  ●○●○●○●○●○●○●○

いよいよ年末が近づいてきました。様々なイベントで盛りだくさんの時期ですが、

思考も空間もスッキリさせ、暖かく年末年始を過ごしませんか。


【思考のお片づけ】

●毎日忙しい、頭の中をスッキリしたい方の思考整理のお手伝いをします。
 色々と思いをお話ください。もやもやの原因は何かを一緒に紐解いて
 いきましょう。忙しい本当の原因は頭の中のもやもやかもしれませんよ。

●毎日なんとなく疲れていませんか?
 きっと頑張りすぎています。もっと自分を解放して、自分らしく過ごしましょう。
 自分らしくいられる場所、一緒に見つけましょう。


【空間のお片づけ】

●洋服の入れ替えをチャンスにより良い収納を考える
○暖房器具を出すタイミングで納戸収納を見直す
●お鍋の季節、土鍋の出しやすい場所やキッチン収納をより使いやすくする
などなど。どんな箇所でもお気軽にご相談くださいね。


料金:1時間3,000円(税込)*初回目安は3時間9,000円

   ●12月末までは訪問でのお見積もりも無料です!


連絡:画面左下(スマホは右下)のピンクの「お問い合わせ」からどうぞ。
   

宮城県内の方を対象にしております。
*お一人暮らしの方は女性の方のみとさせていただいております。
*お掃除専門業者ではありませんので、ご依頼内容はご相談ください